▼ フィリピン・セブ島・マクタン島



2011年2月に家族でセブ島へ行きました。目的は英語の先生にご挨拶するのとリゾートライフを満喫すべく。上の写真はセブ島のセブ市の隣、タリサイにあるミニファンランドという遊園地。ゴーカートのコースの中にストリートセクションが見えます。


たいてい旅行記はこの写真から始まります。運動して疲れ果ててもらって機内では爆睡してもらうため。
機内食は魚と鶏が選べて魚料理はウナギでした。錦糸卵の上に鰻の切り身が。フィリピン航空は機内食がイマイチって誰かが根も葉もない?噂をしていたような気がしますがなかなかどうして。行きも帰りも魚料理が大当たりでした。帰りはアジアンテイストなフィッシュカレーでした。
食後は携帯端末で。息子さんは「おかあさんといっしょ」を、娘さんは「名探偵コナン」の映画数本。私は「笑ってはいけないスパイ」をみてニヤニヤしてました。一人旅の時はお笑い番組はやめたほうがよさそう。気持ち悪がられます。我が家には携帯端末が2台しかなかったので、イエローさんに1台借りての3台体制。われながら完璧。
  



まずはマニラに到着。国際線からセブ行きの国内線への乗り継ぎは一度ターミナルを出て階段を登るのですがその階段を登ったところに有名なハンバーガーチェーン「ジョリビー」が。前回来たときはありませんでした。ジョリビー最高。ハンバーガーやチキンセット(ご飯つき)を注文。
写真が翌朝の朝食風景に飛びます。じつはセブ到着日の夜に英語の先生のオフィスへ挨拶へ行き、お土産や招き猫やバレンタインのチョコを渡し(受け取りじゃなくて渡したんです)、弊店間際のショッピングセンターでサンダルや水着を買い、チョーキンで食事をしたんですけど写真は皆無。
宿泊したのはマクタン島の代表的なリゾート「シャングリラマクタンリゾート」。一昨年のボルネオ、昨年のペナンに続き、同系列のホテルなので写真も代わり映えがない・・・
  



食後は庭を散歩。子供用プール。ウォータースライダー、バスケットゴール、3mの深さのプール、いろいろありました。
このあとスケートに行くのに天気がよかったので思わずビールを注文してしまいました。
  



プライベートビーチは白い砂浜青い海。潜れば珊瑚。カクレクマノミも足元にいました。
プールサイドで昼食。ピザとハンバーガー。毎回同じ行動パターンですね。
そして午後からはホテルで運転手付きのレンタカーを借りてセブ島のセブシティの隣、タリサイにある「visioneri landskate」スケートパークへ。
  



ハンドが短くて高さもあまり無いのですこし酒が入った私でもウォーミングアップなし乗ることが出来ました。 奥にはボールがありましたがユルユルです。
雨が降ってきて、近くにあるワニ園「クロコランディア」へ。頼りないほど薄い金網のすぐ向こうにデカいワニが。1時間ほどで一通り見ることが出来る程度の広さでした。雨もあがったのでワニ園の近くにある遊園地「ファンランド」へ移動。
  



このファンランドは留学してた3年前にも一度来てます。
ストリートセクションを囲むようにキシャポッポの線路、そしてその外側がゴーカートやポケバイのコースがあります。
キシャポッポの乗客に見られながらのスケートってのもなかなか目立ちます。そしてローラースケート場は結構繁盛してました。
この観覧車はヤバイです。すごいスピードでグルグルまわります。
  



セブに来たらぜひこのファンランドは行ったほうがいいと思います。ジャングルの中にあって雰囲気満点。アトラクションも結構燃えます。
外国人があまり来ないところなので遊園地からでると子供達が集まってきます。一緒に写真を撮りました。
夜はショッピングモールのフードコートでフィリピン料理のディナー。
  



翌日は雨がすこし降っていたのでホテルの中のキッズコーナーで遊ばせて僕は一人部屋で少し寝ました。昨晩単独行動をして一人遅く帰ってきたので。
お昼は高級なフィリピン料理店でランチ。夜はホテル近くの英雄ラプラプの像がある公園にあるマーケットへ。
  



写真の魚は高級魚「ラプラプ」です。1匹を購入して料理してもらいました。半分はお勧めの料理法「スチーム」で、もう半分は網焼きにしてもらいました。ホタテとミックスベジタブル(野菜炒め)が結構美味しかったです。ハープの生演奏もあって楽しめました。
朝早い便で帰国。空港内のローカルな食堂で麺料理の朝食。娘さんは不機嫌そうな顔をしてますが、日焼けで目が腫れているだけです。
帰りの飛行機もワインを飲みながら携帯端末で動画を楽しみました。
  



 トップページへ戻る

inserted by FC2 system